読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かもめのはとば Re:[2]

やわらか系、モバイルとかアプリとか法律とか色々。

twitterアナリティクスで振り返る自分の2015年(前編)

小ネタ 酔文駄文

年の瀬です。
ということで今年の呟きから各月の最多インプレッションを振り返ってみました。
自分は今年何を言っていて、その時どう考えていて、それがどう人達に見てもらえたのかの総括です。
諸事情での消去等で入れ替わってるものがあったりなど、まあ色々ありますがご笑覧頂ければ幸いです。

1月

年初早々シンデレラガールズのお話。
今年は2四半期分アニメをやったこともあり、かなり勢いのあるIPだったのではと考えています。

3936インプレッション

2月

え、2ヶ月連続ですか?!と思うこの内容。
アイマスクラスタの方々はtwitter親和性が高いのか、一度拡散に乗ると一気に伸びる印象を持っています。特にデジタルに強い方も多いのでこういったデータっぽいものを好まれる方も多いのかなと。

38084インプレッション

3月

触りづらいわ!…と思いつつも総括なんで素直に。

正直、資本政策とか上場絡みでのゴタゴタとかは私は言及できる立ち位置でもないし浅学ゆえそこまで理解ができているわけではありません。個人的に国光さんには携帯でのゲーム市場立ち上げ時期にもの凄く勉強させて頂いた御恩もありますので、「どうしちゃったんだろう」程度で静観させて頂いていました。

携帯向けのエンタメコンテンツにおいては数年おきに頻繁な市場転換が発生していてスキルの転換を強いられることはとても多いです。事業の方向性がガラっと代わり抱えてる人材のスキルが不必要になった場合その人材を手放す、そういうことはあり得る事だと思っています。

その上で、このリリースだけは本当に言い方が納得できなかった覚えがります。
せめて、スキルの転換を行わずに(個人の意志か、会社としての意志かは存じ上げませんが)ブラウザでのサービスを守り続けてきてくれた人達にもう少し違った書き方が有ったのでは無いかなと。そう思って出た発言がこれでした。

14101インプレッション

4月

 ゲーム骨子部分とカジュアルにキャラクターを楽しみたい部分のバランス構成の話。2014、2015とスマートフォンゲームのリッチ化が進んだ為によりこの辺りの舵取りが難しくなったなという印象を持ってます。
この辺りは特に今後、IPを育ててカジュアル層に訴求するという目線で考えた場合に各社壁に当たるかもしれない点ではないでしょうか。

時間を要する繰り返しプレイや、難しい要素は特にゲームだけで展開されているIPではキャラへの感情移入を阻害しやすい点ではありますからね。

3437インプレッション

5月

大阪都構想の話。普段極力触れないようにしている政治ネタなのですがふと思い立って作ってみたものです。

この図、「誰にでも、twitterで流れてくればひと目で捉えられる程度の単純化を行う、かつ速報的に流す」という観点から作成しました。その結果「ぱっと見でセンセーショナルなニュースサイトのリード(記事タイトル)」のような効果を現す図が出来上がり、バズになったものだと思っています。

単純かを最重要視した結果、拡散される中ミスリード(実際の投票自体は各区の賛否を集計するようなものでないため)の可能性もずっと頭の片隅に置きながら、消すべきかどうか数日間考えていた呟きでも有ります。

972812インプレッション

6月

たまにやるTwitterトレンドからの呟き。
マスとはちょっと違うけれども、自分の身の回りの人物層以外が今何を気にしているのか、特定の層での瞬発的盛り上がりとして今何が起こっているのかといった辺りを計るのに重宝しています。
地域切り替えてみたりするとより楽しいですよね。

9109インプレッション

 

長くなりそうなので前後半に分けます。
因みに自分自身のアナリティクスを見るにはこちらから。PCでどうぞ。