かもめのはとば Re:[2]

やわらか系、モバイルとかアプリとか法律とか色々。

首都圏で雪が降った日の高速道路状況ログ

道路状況のスクショを撮り続けてみました

物流にかなりの影響が出た2018/1/22の首都圏大雪。
何か記録に残すかな…と思ってJARICの道路情報のスクリーンショットをひたすら撮り続けてみました。

1/22日中:西から悪化。真っ先に東名が止まる

東名が一番最初に落ちた。雲が西から入っていたのでしかないなとは思いつつ、迂回路としての圏央道もすでにアウトになっているためこの時点で物流お察し状態に…

 

1/22夜:西側は完全に凍る

 1/23午前:西側から解消が始まる

しぶとく粘っていた外環道が止まってた。
ここまで後から見ると、中央道が止まってないように見える…

1/23午後:東名復活

 この時点では再凍結を懸念したけどさすがに対策したみたい。

1/23夜:ほぼ解消も埼玉エリアで通行止め

 止まるのが遅かった外環道ですが再開通は後手に回ってる感じ。放射路線の再開通を優先したのかな?

1/24:埼玉エリア再開通

 

 

過去に話題になったり流行ったおぼろげな記憶を定量化するためのTips

前回の首都圏大雪っていつでしたっけ?

先日の首都圏大雪の時に社内で雑談しててふっと話題になったんですが、意外と覚えてないものなんですよね。2年前だっけ、3年前もありましたよね?……みたいな感じで結局どこがインパクトのある大雪だったかわかりませんでした。

結局のところ毎年一度はうっすら雪は降ることがあるので、皆明示的に記憶に残ってないようです。

ふんわりとした過去の記憶を定量データにしてみる

こういうことは仕事上でもよく起こったりします。あのときあれが流行っていたような、あんなことがあったような……しかしその波って結構不明瞭で、どこがスパイク(特異点)になっていたか思い出せない事。

雑談レベルだったらそれで仕方ないか、ともなるのですが仕事とかで明示的にデータとして示さなければいけない場合は困ることもあります。

そういうとき、Google Trendsを使えばそれっぽいデータを出力できることがあります。

 

大事なのは「その時どんなことが起きたか」を想像すること

しかし、闇雲にGoogle Trendsにキーワードを突っ込んでも仕方がありません。たとえば、雪というワードを突っ込んで5年尺で見た場合、一見それっぽいデータが見て取れるように思えますが、実際のところ相当にノイズが乗っています。「アナ雪」なんかも拾っちゃってますからね。

こういうときは想像力を働かせてワードを選ぶだけでかなりフィルタをかけて、精度の高いグラフを引っ張り出すことができます。
例えば「首都圏で大雪」が起こった場合、皆がどういう事を調べるか。「雪」とは調べないですね。何かのHow toを引っ張り出そうとしてるなら…「雪かき」はどうでしょう?

 一定のフィルタがかった定量化されたデータが観測できると思います。

連想の段階で恣意的にワードを選ぶので、言葉の選び方次第では偏ったデータをはいてしまうこともあるかもしれませんが、テクニックとしては使えるのかなあと思っています。

艦これ引退を考える人が増える瞬間を探ってみる

契機

などと知人が言っていたので。
実際にどういうタイミングで引退を検討する人が増えるのかをGoogle Trendsで調べてみました。

前提

  • Google Trendsで「艦これ 引退」の直近5年推移データを見る
  • Google Trends自体が検索ボリュームから指標を導き出しているため、ストレートにユーザの引退意図を表す指標ではないことに注意が必要(そもそもやめようとしている人が「艦これ 引退」とは検索するとは考えづらい)。
  • そのため、この指標は「引退することに躊躇いがありほかの人の状況を調べようと検索した」ような人が多いタイミングを表す・・・といった形で行動推測を行った上でのものとする。

 

Google Trendsのデータ

f:id:yrik:20171201014518p:plain

一番大きなヤマができていたのは2014夏イベント。ここは初期のヒットにより大きく母数を増やした後のタイミングからの重めのイベントだったため、かなりの反応が出たようです。

次に上がっているのが2016春、この段階はいわゆる「イベント難易度の上昇」と「イベントの難解化」が同時に行われています。ライト・カジュアル層への負担が急激に増えているところでもあり離脱を意図した人が多かったのかなと推測できます。

その他のヤマとしては2015夏、2015冬(と書いていますが運営上のイベントでは秋ですね、すいません)、2017夏と比較的大規模なイベントにて、ぽつぽつ反応が見て取れます。負担の高いポイントで目標を達成できないorできる状況ではなかった、などでしょうか。

特筆点、というほどでもないのですが気になったのは2017夏のイベント後の数値の低下が緩やかなこと。結構、イベント後は速やかに収束することが多かったのですがここだけかなり尾を引いている印象です。あれ、これアズールレーンの影響とか受けてるかな?

2017秋に関してはまだ推測線ではありますが2015冬ぐらいのヤマができるのかな?といった感触です。

なお、「艦これ 引退」と関連してよく上がっているキーワードとしては「轟沈」「解体」などの不慮の操作による資産ロスト系、「大型建造」「羅針盤」などの確立不条理系「○○イベ」「疲れた」などの目標ハードルによるものなどが見られました。

所感

今回のイベントは相当キツいと伺っていたため、もっと跳ね上がっているのかなと思ったんですが現時点では意外と跳ねていないなあ・・・といった印象の方が強かったです。

推測するに、

  • ローンチ時から含めたグラフだったため、すでに一定離脱が進んでいる現状では母数が小さくなって離脱意思が見えなかった(全体のユーザ数に対してのパーセンテージ等に直せば反応が大きいのかも?)
  • いま残っているユーザはここまで長期間続けているユーザであるため、かなり残存意思が強い層

の、どちらかなのかなあとも思われます。
いわゆる「オワコン」と言われることも増えている状況ですし、優秀なフォロワーである「アズールレーン(アズレン)」へとのシフトも見て取れましたが、もうしばらくは根強いユーザに支えられそうな雰囲気があるな、と思いました。

関連記事(なぜイベントは難しくなってしまうのか・・・など。)

yrik.hatenablog.com

yrik.hatenablog.com

yrik.hatenablog.com

「アイドルマスタ-」各アプリのトップApp内課金を見てみる

どれだけ高額課金者割合が多いかの参考指標として

別のアプリの色々を調べてるときにふと思い立ちまして。

やってみることにしました。
特に深掘りせず、ひたすらAppStoreからトップApp内課金の部分を切り取ってきて並べただけです。

トップApp内課金で上位に来ているパックがやはり「よく売れている」ということ。つまりここが高額になっているアプリは1ユーザあたりの課金額が高いアプリであると推測できます。

データ取得日は2017/10/17の夜中。このトップApp内課金の部分はアプリ内の商品設定によって多少上下します、その点は折り込んでご覧ください。

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

f:id:yrik:20171018022104p:plain

いわゆるデレステ
とても高額に寄る傾向が見受けられます。半年以上前にもしれっとデータ取ってるんですが傾向は変わりません。確率の緩和とかあっても影響はないみたい。

アイドルマスター シンデレラガールズ

f:id:yrik:20171018022330p:plain

ブラウザ(mobage)版を遊べるようにしているアプリ。
こちらに関してはかなり落ち着いた傾向が見受けられます。一時は超高課金者の戦場だった(経験者)ような覚えもあるんですがリリースからかなりたっていますし、時勢柄?
それともここにまだ課金をするユーザはブラウザでサービスに触れている*1ってことでしょうか?

アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ

f:id:yrik:20171018022645p:plain

ミリシタ。どちらかというと本流寄り。
こちらもなかなかの高課金傾向。並んでいる額面を見る感じ「デレステ」より平均単価高いんじゃないだろうかとも思える状況です。
どちらかというとデレステ側がCM等を含めてライトユーザさんも抱えに行っているのに対してこちらはコアユーザ向け感ありますからね、納得。

アイドルマスター ミリオンライブ!

f:id:yrik:20171030122147j:plain

GREE版のミリオンライブ。ミリシタの大元といえばいいのかな。課金傾向はかなり低い額面に寄っています。後発が出てから傾向が変わったシンデレラガールズと同様の傾向ですね。

[2017/10/30追記]「近い詳細のサービス終了」といった形でお知らせが出ました…

 

アイドルマスター SideM LIVE ON ST@GE!

f:id:yrik:20171018022915p:plain

女性向け。そこまで高額に振り切っていない感触があります。女性ユーザさんの多いアプリって運用経験上一気に高額突っ込む!というより1回1回区切りをつけて課金される印象を持ってるんですがまさにそんな感じですかね。。。

アイドルマスター SideM

f:id:yrik:20171018023010p:plain

上記の前作となるブラウザ版を遊べるようにしているアプリ。傾向としてはシンデレラガールズ(ブラウザの方)と似た形になってますね。
客層が全然違うとはいえリーチ手段が同じ感じになるとユーザ傾向も似ると思うので一定納得の結果。

 

*1:このデータはAppStoreのものなのでiOSだけのデータになる

静岡:車載と空撮で沼津・内浦&三津をふらついてみた

  • ふらりとラブライブ!サンシャイン!!舞台巡礼
  • 淡島を空撮で
  • 内浦の町並み(空撮)
  • 淡島対岸から車載でぐるり
  • 東京から1時間強で行ける「巡礼」は手頃で良いかもしれない
  •  おまけ

ふらりとラブライブ!サンシャイン!!舞台巡礼

アニメ2期が始まると混むのでその前に…という感じで行ってきたのですが、やはり人はとても多かったです。ライブの翌日でしたからね、仕方ないね。

淡島を空撮で

www.youtube.com

中腹にあるのはロープウェイ乗り場の廃墟。昔は船じゃなくてあそこにロープウェイで渡れたようです。
飛ばしてみておもったんですがかなり高低差ある島だなーと。この後淡島神社=頂上にも挑んでみたんですがかなりの階段を上がるハメになりました。水分持っていかなかったから大変だった…

f:id:yrik:20171018015837j:plain

内浦の町並み(空撮)

www.youtube.com

初めは内浦の街をぐるり。途中2分ぐらいから高度をあげて淡島を望みます。

上から見るとこの辺り、もの凄く伊豆っぽいんですよね。山と海が競ってて海岸線に沿って張り付くように街ががある辺り。東伊豆側はこんな印象(ジオパーク感)強く持ってたんですが西側も負けてないなーと。

富士山が見えなかったのが残念です。

 

淡島対岸から車載でぐるり

www.youtube.com

淡島マリンパークの駐車場から内浦市街地を抜け、三津シーパラダイスを通り過ぎて旧道に入り長井崎を一周して三津シーパラダイスに戻ってきます。

途中アニメ舞台になった建物や景色がちらほら見受けられますね。はい、長井崎回ってる時点で確信犯ですね。

東京から1時間強で行ける「巡礼」は手頃で良いかもしれない

「大洗」「秩父」なんかもそうなのですが、東京から1時間強、100km前後で行ける舞台訪問ポイントは都心在住の人にとっては日帰り小旅行の距離としては最適です。大仰な計画を立てずにふらりと行ける感覚はとても良いなと感じました。

続きを読む

法律用語の「直ちに」「遅滞なく」「速やかに」がわからなくなった時用メモ

どれが一番早いスピードで処理しなければいけないもの?

 「直ちに(ただちに)」「遅滞なく(ちたいなく)」「速やかに(すみやかに)」。法律用語として、そして仕事をしている上での契約や、日常でも使う言葉かと思います。
 これらが並んでいたときにどれが一番スピードを要求しているのか、ふと忘れてしまうことがよくあります。そういうときは「直ちに」と「遅滞なく」をこう覚えてしまうと順序が分かり易くなります。

「直ちに」逃げろ!

警報のようなものが出た際によく見る文言ですね。
つまり一刻の猶予もなく逃げる必要があるということ。最優先です。

遅滞しなければいい

字面通りですね。遅れなければ良い。
緊急度は低いです。

 

この二つのヤバさとユルさを覚えればあとの一つは自ずと決まる

上記が頭に入っていれば

「直ちに」>「速やかに」>「遅滞なく」

と、簡単に並べ替えることができます。

 

愛媛:国道56号「松尾トンネル」の新旧3代トンネルを走ってみた

お遍路道の下を貫く3本のトンネル

愛媛県から高知県を結ぶ国道56号線、宇和島市外を南に出て最初にさしかかる松尾峠には自動車専用道(E56:宇和島道路)の新松尾トンネル、現国道の松尾トンネル、そして旧国道の松尾隧道とそれぞれ3本のトンネルが存在します。

親の実家に帰省がてら、ふらっと走りに行く機会がありましたので3本とも巡ってきました。

www.youtube.com

近代的な高速道路風、いかにも昭和のセメントトンネル、石積みかと思いきや実際はコンクリ(昭和26年のものらしい。戦後すぐですね)の旧道トンネルとそれぞれ豊富な表情を見せてくれます。時代を下るほどトンネルの長さが長くなっているのも興味深いところ。技術の進展考えれば当然っちゃ当然ですけどね。うん。

自動車での通過なので確認は出来なかったですがこの上には四国のお遍路道として松尾峠が歩ける状態で現存してます。都合、4世代の道が全て通行可能という珍しい場所かなあと思います。一度遍路道も見てみたいな。

現地地図

撮影環境

MAZDA CX-3にSONYのHDR-AS50を車載。このあたりの設備の話も一度したいところ…。