かもめのはとば Re:[2]

やわらか系、モバイルとかアプリとか法律とか色々。

BLAZE EV SCOOTERを買ってみた

電動キックボードと電動原付のあいのこ見たいな立ち位置。
BLAZE EV SCOOTER(ブレイズEVスクーター)を買ってみました。
とにかく楽しいです、オススメですがクセはそれなりにあります。
まだ10キロほどしか走ってませんがざっとレビュー。

経緯

コロナによる在宅時間の増加と買い物の足の必要性

「ちょっとコンビニやスーパーに行く」という機会が増えました。
連日同じ所にいくとマンネリ化してしまうのがちょっとしんどく、それを回避するための足として。
車はあるにはあるんですが、それを出すまでもないなーといった場合に。

車の荷台に載るサイズのサブの足

このご時世なのであまりやっていませんが、普段は結構車でウロウロします。なんならドローン積んで飛ばしに行ったりすることもあったりします。
前述しましたがどこかに行った先でいちいち車出すの面倒いな?といった時や、ちょっとここに車を止めて奥の方見てきたいな?といった時に便利なアシになってくれればなと。
ここはモトコンポ的な発想ですね。

ja.wikipedia.org

ただの興味

なんだかんだでこれはデカい。
ノリと勢い。面白アイテム万歳。

競合比較

上記の通り、遠乗りは求めず短距離コミューター的な用途。かつ折りたためる事を重視しました。それ以上行くときは車を出せばいいんです、はい。

競合候補として上がったのはGlafit GFR-01

glafit.com

と同じくGlafitのLOM

glafit.com

LOM凄い良いなーと思ったのですが、クラウドファンディング中で納期は遙か先…。
立ち乗りが可能な機種、一応サドルもあるということで上記二機種の間を行く。かつ驚きの短納期ということでBLAZE EV SCOOTERを選択しました。一週間ちょいで届いたよ!

ナンバー取得

注文してから納期は1週間ほど。早い…。
ナンバーですがBLAZE社で代行取得もして頂けるとのことですが、往復でしばらく時間がかかるということもあり区役所に自分で取りに行く形にしました。

添付されている書類に車台番号も記載されており、また譲渡(販売)証明もついてきますので指示通りに情報を記載の上、区役所の窓口に提出。
モノの15分程度でナンバープレートが発給されます。この際費用はかかりません。*1

ナンバー発行後にそのままコンビニで自賠責保険も忘れずに加入。

見た目とか重さとか

EV SCOOTERですがサドルつきということもあってか「そこそこ大きく」「そこそこ重い(24kg)」です。
取り回しを重視される方はそのあたり、しっかり気にした方が良いかもしれません。

f:id:yrik:20200821001715j:plain

全展開するとこんな感じ

f:id:yrik:20200821001736j:plain

ライトはそこそこ明るい

保安装置はしっかりとついてます。安心の日本製・日本の道路交通法仕様。

少し面倒ですがちゃんと折りたたみ、運ぶという手間を取ることができれば集合住宅などで玄関内に引き込む事なんかもとても簡単かと思います。
通常のスクーターではできないことなので、その点はなかなか便利かも。

実際乗ってみての感想

まずタイヤに空気を入れましょう

説明書にも記載されているのですが、タイヤにすぐに空気入れるのは必須です。
配送タイミングでは炊いちゃ保護のためタイヤの空気圧がめちゃ低いです。指定の半分ぐらいの数値を指していました
これ、ちゃんと説明を読んでいないと即パンクとかありえますので注意が必要です。

従来のスクーターとは全く違う乗車感

サドルを使えば近い感覚になるのかなと思ったのですが、以下の2点の理由で全く乗車感が変わってきます。

・トルク特性の違い
おそらくエンジンとモーターの違いかなと。いきなりモリッと後輪にトルクが来ます。
着座姿勢の違い(もしくはたちのりをしていた場合)から、かなりピーキーな発進感覚になります。
最初はとても怖いですが、ちょっとクセになる感触。

・タイヤ径の小ささ
これ、かなり大きいです。右左折時の取り回し難度がかなり違います。
カーブではなんとかなるんですが、上述のトルク特性とあわせて交差点などは慣れるまでかなり気を配らないといけません。
……二段階右折NGの交差点とかめちゃ怖そうですね、行かんけど。

速度はLOW/MID/HIの三段階切り替えができます。
LOWだと最大10km/hまで。MIDで20km/hまで、HIで30km/hまでです。

f:id:yrik:20200821002641j:plain

ミラーの調整は難しい

保安基準適合ということでミラーがついてるんですが、こいつの微調整がなかなか難易度が高いです。
また、着座姿勢とたちのり、両方できるが故の難点なんですが姿勢を変えるとミラーが意味を成さなくなる…ので都度微調整をしないと駄目になってしまってます。後ろ見えないと道路によっては怖いのですがどっちの姿勢で進むか予め考えて動かなければいけません。

着座状態の方が微修正は簡単なので、立って乗るポジションに併せてから考えるのが楽そう。

車道は怖いぞ、慣れるまで

トルクが強いと言うこともあり近場の路地ではMIDで乗っていたのですが、少し大きな車道(いうても2車線都道)に出たときにはさすがに後ろから連続で来る車に恐怖を感じてHIに切り替えました。

従来型のスクーターよりカウルによる包まれ感が乏しいので横を走る車が近く感じることもあり、これまた慣れるまではそこそこ怖いです。

物珍しさから凄い見られる

場合によっては指さされます。そりゃそうだ、立って乗ったりしてたらなおさらだ。
メット被ってるので気にしませんけども。。

走行音はほぼ無音

エンジンではなくモーター駆動なので走行音はとても静か。
振動に関してもエンジンがないため、車両起因のものはほぼありません。タイヤが小さいので路面から拾うものはそこそこあり。
歩行者から後ろから近づいてきたらちょっと怖いかもしれない。

ロックをかける場所が難しい

コンビニなどで駐車の際、ロックをかける場所があまりありません。
チェーンなどをどこにかけるか、ホイールにかけるかなどと考えていたんですが小径ホイールのうえにディスクブレーキのためロックをかける隙間が殆どありません。

転がそうとすると鳴るアラームもついてるっちゃついてるのですが、ボディが軽く持って行きやすい、転がしていきやすいのでちょっと不安。
このあたりは物理ロック手段が欲しいなーと思う次第です。何か後付でつけようかな。

慣れてくると快走。楽しい

不満点・不安点もざっと記載しましたが、慣れてくるととても快適に走れます。
前述の通り2種類の乗り方ができるということもあり、乗り方によって違った景色を眺めることもできます。

特に大阪や東京の都心で、ちょっとした街乗りのアシが欲しいな~という方にはそこそこオススメです。

 


 

 

*1:軽自動車税は窓口でかからず、後々かかってきます。

ふぉーとないとのはんらん。

FortniteがAppStoreからリジェクト(削除)

japanese.engadget.com

Appleの規約違反、アプリ内でAppleの課金以外を利用してはいけない、に抵触したものですね。
ということでツイートのまとめです。
「人の流れを押さえる」っていうのは大切だなあ。

 特定のプラットフォーム参加で事業をする場合は、そこの規約に従ってサービスを展開することになります。AppleのAppStoreでもGoogleのPlayでも、mobage内のアプリでもそれは同じ。
たとえば現実でどこかのデパートやショッピングモールの中に出店する場合でも当然ルールはあり、軒先を借りる以上それは言えることであり、違反すれば退去させられるものかなあと思います。

しかしAppleの手数料は「高すぎる」というのは常々話題に上がります。独占禁止法にかかるんじゃないか?みたいな話もちらほら出るぐらい。

EU、アップル本格調査 独禁法違反の恐れ (写真=ロイター) :日本経済新聞

 

 単純に手数料率10%と30%だと、お客さんが3割増しにならないとそのプラットフォームに置く意味合いというのは薄れるのですよね。

その+3割の誘客ができるかどうか鑑みた場合、ことにアプリエコシステムにおいては飲まざるをえない数字だったのではないかと考えています。*3 *4

 この3割以上の集客増っていうのは単純なそのコンテンツ・サービスのステージによっても変わってきたりします。

すでに著名なサービス・コンテンツであれば黙っていてもお客様はその知名度だけで一定入ってきます。が、そうでないサービス、グローバルでの開拓などを視野に入れた場合は適正なコストとして見ることができたりもするのです。

 今回に限らず、Epic自体こういった行動を起こす兆候はありました。自前でプラットフォームを作り出しそこからダウンロード(いわゆる、野良アプリ)するようにアクションを取っていた事実もあります。
Apple、iPhoneに置いては、そもそもそのアクションが取りづらい作りになっており煮え湯を飲んでいたんだろうなとも見て取れていました。

今回我慢せずに数歩踏み込んだアクションを取ってきたのはFortniteがそれだけ大きくなり、かつどこかのエコシステムに依存しないもの*5…単一のコンテンツではなくプラットフォーム的に「人の流れを押さえる」機能を持ちつつあるのが大きいでしょう。

これはメタバースと呼ばれる概念ですね。メッセンジャーやSNSでは一時期スーパーアプリと呼ばれた概念とも近しいものがあるかと思います。
現に直近でサービス内でライブイベントを行い、大きくダウンロードを伸ばしていましたね。

 

f:id:yrik:20200814221225p:plain

Google Trends 日本 フォートナイト(過去30日)
該当日に数字を伸ばしていることがわかる。
普段ゲームしない層の検索→流入が発生したと思われる。

 

我々はすでにこういうのを一度見ているのかもしれない、というお話。

その昔特定のキャリア、携帯電話会社に依存しない、いわゆる「勝手サイト」とされていたmobage、GREEが公式サイトをひっくりかえしつつあった時代がありました。*6
今回の話を見ているとふとそれを思い出すんですよねえ。

そもそもの手数料の高さ、独占・支配的な問題(プラットフォーム側)
とはいえどれほど大きなサービスでも「ルール破り」を許容すべきではないという」問題(サービス提供側、これを許容すると決裁以外でもなんでもありになってしまう)
リスクを取るにしてもこれにお客様/プレイヤーを巻き込んでよいのかという問題。(サービス提供側)

立場毎に考えるべき視点は多々あると思いますがこの問題、落とし所は見えるのでしょうか。 

*1:(若干内輪ネタとなりますが)
モバイルコンテンツ黎明期からを知る方々、なにか補足情報あったら是非ください。

*2:今回、政治的な話は抜きにしておきます。

*3:AppStoreのように「そこに置かないとそもそもiPhoneにアプリを入れれない」といった事例は別個存在します。そこも加味して3割増しになるのか?といったあたりなんですけども。

*4:これに関しては真っ向から挑みブラウザに逃したBXD『enza』のような事例も存在します。

*5:スマホ各OSだけでなく、各種ゲーム機やPCなど入り口が多様にある

*6:その直後にスマホ・エコシステムがやってきましたが…

昨今の状況を鑑みて「速度制限」「通信制限解除」をGoogle Trendsで見てみる

過去記事から現状の確認と,昨今の状況での推移を見てみることにしました。

yrik.hatenablog.com

 

中長期での検索推移

2016年に調べてからかれこれ4年近くたちましたので、長期の推移を見比べることにしました。

f:id:yrik:20200524213946p:plain

ピーク時と比べ25%程度になっています。
大容量パックや学生向けなど、純粋なパケット単価の減少によってピークにかかる人が少なくなったのでしょうか?
傾向としては変わらず月イチで上がるようですが、直近数ヶ月は妙な動きをしています。

直近1年の拡大検索推移

f:id:yrik:20200524215713p:plain

直近一年を拡大した場合、特に末端2ヶ月の2020/3、4において大きく従来と違う傾向が見受けられました。
2月に関しては従来通り、歴日が少ない影響からか低めの傾向になっていたのですが、3月頃より高止まり傾向が見られます。

社会人、学生共に在宅傾向になったため、主に自宅に固定通信環境を持たない層において通信容量の逼迫化が従来より早めに起こったのではないか……という状況が見て取れるのです。
キャリアの若年層支援策自体は4月の頭から行われているのですが、成人以上にはフォローもあまりなく、リモート会議・業務に通信回線を使ってしまった場合は……こういう状況になってしまうのは納得がいくところです。

固定回線を持つ/持たないによる通信量の2極化

ここからは個人的な事象となりますが、固定回線を引いて在宅モードに入った私自身からすると、複数契約回線全て通常月の通信料の十分の一以下になっています。
ほぼ全ての通信が家のWi-Fiで処理できているからです。

今回に関しては状況としては「年末年始より大きく下に行くのではないか」と思って調べたのですが、想定と真逆の山が出来ていました。*1

学生層以外の通信環境が充足されていない層はどのあたりか、などと考えてみると、今次の疫病でのいわゆる「通信難民」の姿が見えてくるのかもしれません。

*1:それでも前年のピークよりかなり低い値ですが。

鬼滅の刃凄いな。ってんでGoogleTrendsに突っ込んでみました

鬼滅の刃、秋以後話題に聞く頻度が一気に上がったのでGoogleTrendsに突っ込んでみました。

f:id:yrik:20200106234224p:plain

アニメは2四半期(2019年4月上旬~2019年10月下旬)放映されており、最終話と同時に映画化が発表されています。
アニメの終盤に渡りスコアが上がる綺麗なグラフですね。

 

タピオカが流行っているので、GoogleTrendsでチーズハットグと並べて見た

そこいらじゅうで見かけるようになったタピオカミルクティーの店。
いつも行列ができてて凄いですよね。

流行の移り変わりって早いよなーと思ってぼんやり考えていたのですが、少し前までチーズハットグ(チーズドッグ)がいわゆるインスタ映えと併せて流行ってたなとふと重い。

現在どうなっているのかGoogleTrendsに入れて調べてみました。

ハットグとチーズドックとタピオカミルクティー

f:id:yrik:20190615194813p:plain

チーズハットグだと検索キーワードかからず。
ということで「ハットグ」「チーズドック」との比較になります。

2018年半ば頃よりチーズドッグのスコアが飛び上がりピークは2018年の8月、お盆頃。
このあとは落ち着きますが2019年の春頃まで横ばいで推移します。

タピオカミルクティーの方は元からじわじわとスコアはあったものの2019年3月頃から急伸。2019年のゴールデンウィークにはチーズドッグとスコアが入れ替わっています。

面白いのはこのタイミングで横ばいだったチーズドッグがダウントレンドになっている事。
メインの客層が若年層ということもあって、お財布内のトレードオフ(どっちにしかお金つかえへん)が起きたのかなあという推測はできます。

とはいえ、まだ「チーズハットグ/チーズドッグがオワコン」みたいなことが言われる状況かというと、そういった状況でもないですね。

 

さらにタピオカを入れてグラフを作ってみた

f:id:yrik:20190615195358p:plain

従来のタピオカ需要も入るのでフェアじゃないとは思いつつも、町ゆく人たちはいちいち「タピオカミルクティー」と言ってるわけではなく「タピオカ」といってるのでそれを放り込んでみました。

急伸している箇所はほぼタピオカミルクティーと一緒ですが、2018年12月頃にスパイクが一つあるようです。
それにしても2019年5月の急伸がすさまじい。

 

王子・飛鳥山公園で紫陽花を見てきた

久しぶりの散歩記事。
王子駅すぐの飛鳥山公園で紫陽花を見てきました。


なんだかんだ毎年来ている。

f:id:yrik:20190603000952j:plain
湘南新宿ラインと。
いわゆる桜の名所の「飛鳥山」と、東北本線のちょうど間の位置に紫陽花がたくさん咲いたルートはあります。地理好き的には武蔵野台地の隅っこ的な場所?なんでしょうか。当然湧水とかもあるっぽい。

 

f:id:yrik:20190603001015j:plain

6月2日現在はまだ5~6分咲きくらい。
色合いもまだ柔らかいかと思いきや。

f:id:yrik:20190603001317j:plain

思いっきり青いのもあったり。

f:id:yrik:20190603001336j:plain

テントウムシも居たりしました。

電車の中から見ているに6/8・6/9の週末辺りは見頃のようです。
あいにくの天気になりそうですが散策に如何でしょうか。

急に電子マネーを使いたくなったときの設定方法(AndroidのiD編)

 散歩に出ててコンビニ入ったときとかによくある、「財布忘れた。ポケットの中はスマホだけで何も買えない。」状態。
 そういう時にささっと電子マネーを設定する方法です。

 今回はdocomoのiDです。肉フェス、餃子フェス等でも優先レーン(めっちゃくちゃすいてる)が使えたりするので、行列を見てうっへりした際などにもどうぞ。

準備するもの

・おサイフケータイが利用可能なAndroid端末
・docomoの回線
……まあ当然といえば当然。

まずはIDアプリをダウンロード

Google Playから「iD」で検索してサクッとダウンロードしましょう。

f:id:yrik:20190505230529j:plain

iDの設定

iDアプリを起動。
iDの設定では各種クレジットカードを紐付ける事ができます。普通はここでなんらかのクレカを設定するのですが、今回は手もとにスマートフォンしかないという前提。クレカの情報なんか入れることができません。

ということで、「カードを登録する→新しくカードを登録」を選び次の画面でdcard miniを選びます。

f:id:yrik:20190505230548j:plain

dcard miniはdocomoのクレジットカード、dカードの簡易版のようなもの。
数日かかる通常のクレカの審査と違い、携帯料金の支払い状況から審査をサクッと行うことができます。(当然、過去に料金滞納とかしてると登録ができません……)

登録完了

f:id:yrik:20190505230842j:plain

ということで、ものの数分で登録が完了します。
あとはレジ等の支払い時に「iDで」と言えばOKです。

使った額面は携帯料金の支払いと合算されるので、くれぐれも使いすぎないようには注意しましょう。