かもめのはとば Re:[2]

やわらか系、モバイルとかアプリとか法律とか色々。

昨今の状況を鑑みて「速度制限」「通信制限解除」をGoogle Trendsで見てみる

過去記事から現状の確認と,昨今の状況での推移を見てみることにしました。

yrik.hatenablog.com

 

中長期での検索推移

2016年に調べてからかれこれ4年近くたちましたので、長期の推移を見比べることにしました。

f:id:yrik:20200524213946p:plain

ピーク時と比べ25%程度になっています。
大容量パックや学生向けなど、純粋なパケット単価の減少によってピークにかかる人が少なくなったのでしょうか?
傾向としては変わらず月イチで上がるようですが、直近数ヶ月は妙な動きをしています。

直近1年の拡大検索推移

f:id:yrik:20200524215713p:plain

直近一年を拡大した場合、特に末端2ヶ月の2020/3、4において大きく従来と違う傾向が見受けられました。
2月に関しては従来通り、歴日が少ない影響からか低めの傾向になっていたのですが、3月頃より高止まり傾向が見られます。

社会人、学生共に在宅傾向になったため、主に自宅に固定通信環境を持たない層において通信容量の逼迫化が従来より早めに起こったのではないか……という状況が見て取れるのです。
キャリアの若年層支援策自体は4月の頭から行われているのですが、成人以上にはフォローもあまりなく、リモート会議・業務に通信回線を使ってしまった場合は……こういう状況になってしまうのは納得がいくところです。

固定回線を持つ/持たないによる通信量の2極化

ここからは個人的な事象となりますが、固定回線を引いて在宅モードに入った私自身からすると、複数契約回線全て通常月の通信料の十分の一以下になっています。
ほぼ全ての通信が家のWi-Fiで処理できているからです。

今回に関しては状況としては「年末年始より大きく下に行くのではないか」と思って調べたのですが、想定と真逆の山が出来ていました。*1

学生層以外の通信環境が充足されていない層はどのあたりか、などと考えてみると、今次の疫病でのいわゆる「通信難民」の姿が見えてくるのかもしれません。

*1:それでも前年のピークよりかなり低い値ですが。

鬼滅の刃凄いな。ってんでGoogleTrendsに突っ込んでみました

鬼滅の刃、秋以後話題に聞く頻度が一気に上がったのでGoogleTrendsに突っ込んでみました。

f:id:yrik:20200106234224p:plain

アニメは2四半期(2019年4月上旬~2019年10月下旬)放映されており、最終話と同時に映画化が発表されています。
アニメの終盤に渡りスコアが上がる綺麗なグラフですね。

 

タピオカが流行っているので、GoogleTrendsでチーズハットグと並べて見た

そこいらじゅうで見かけるようになったタピオカミルクティーの店。
いつも行列ができてて凄いですよね。

流行の移り変わりって早いよなーと思ってぼんやり考えていたのですが、少し前までチーズハットグ(チーズドッグ)がいわゆるインスタ映えと併せて流行ってたなとふと重い。

現在どうなっているのかGoogleTrendsに入れて調べてみました。

ハットグとチーズドックとタピオカミルクティー

f:id:yrik:20190615194813p:plain

チーズハットグだと検索キーワードかからず。
ということで「ハットグ」「チーズドック」との比較になります。

2018年半ば頃よりチーズドッグのスコアが飛び上がりピークは2018年の8月、お盆頃。
このあとは落ち着きますが2019年の春頃まで横ばいで推移します。

タピオカミルクティーの方は元からじわじわとスコアはあったものの2019年3月頃から急伸。2019年のゴールデンウィークにはチーズドッグとスコアが入れ替わっています。

面白いのはこのタイミングで横ばいだったチーズドッグがダウントレンドになっている事。
メインの客層が若年層ということもあって、お財布内のトレードオフ(どっちにしかお金つかえへん)が起きたのかなあという推測はできます。

とはいえ、まだ「チーズハットグ/チーズドッグがオワコン」みたいなことが言われる状況かというと、そういった状況でもないですね。

 

さらにタピオカを入れてグラフを作ってみた

f:id:yrik:20190615195358p:plain

従来のタピオカ需要も入るのでフェアじゃないとは思いつつも、町ゆく人たちはいちいち「タピオカミルクティー」と言ってるわけではなく「タピオカ」といってるのでそれを放り込んでみました。

急伸している箇所はほぼタピオカミルクティーと一緒ですが、2018年12月頃にスパイクが一つあるようです。
それにしても2019年5月の急伸がすさまじい。

 

王子・飛鳥山公園で紫陽花を見てきた

久しぶりの散歩記事。
王子駅すぐの飛鳥山公園で紫陽花を見てきました。


なんだかんだ毎年来ている。

f:id:yrik:20190603000952j:plain
湘南新宿ラインと。
いわゆる桜の名所の「飛鳥山」と、東北本線のちょうど間の位置に紫陽花がたくさん咲いたルートはあります。地理好き的には武蔵野台地の隅っこ的な場所?なんでしょうか。当然湧水とかもあるっぽい。

 

f:id:yrik:20190603001015j:plain

6月2日現在はまだ5~6分咲きくらい。
色合いもまだ柔らかいかと思いきや。

f:id:yrik:20190603001317j:plain

思いっきり青いのもあったり。

f:id:yrik:20190603001336j:plain

テントウムシも居たりしました。

電車の中から見ているに6/8・6/9の週末辺りは見頃のようです。
あいにくの天気になりそうですが散策に如何でしょうか。

急に電子マネーを使いたくなったときの設定方法(AndroidのiD編)

 散歩に出ててコンビニ入ったときとかによくある、「財布忘れた。ポケットの中はスマホだけで何も買えない。」状態。
 そういう時にささっと電子マネーを設定する方法です。

 今回はdocomoのiDです。肉フェス、餃子フェス等でも優先レーン(めっちゃくちゃすいてる)が使えたりするので、行列を見てうっへりした際などにもどうぞ。

準備するもの

・おサイフケータイが利用可能なAndroid端末
・docomoの回線
……まあ当然といえば当然。

まずはIDアプリをダウンロード

Google Playから「iD」で検索してサクッとダウンロードしましょう。

f:id:yrik:20190505230529j:plain

iDの設定

iDアプリを起動。
iDの設定では各種クレジットカードを紐付ける事ができます。普通はここでなんらかのクレカを設定するのですが、今回は手もとにスマートフォンしかないという前提。クレカの情報なんか入れることができません。

ということで、「カードを登録する→新しくカードを登録」を選び次の画面でdcard miniを選びます。

f:id:yrik:20190505230548j:plain

dcard miniはdocomoのクレジットカード、dカードの簡易版のようなもの。
数日かかる通常のクレカの審査と違い、携帯料金の支払い状況から審査をサクッと行うことができます。(当然、過去に料金滞納とかしてると登録ができません……)

登録完了

f:id:yrik:20190505230842j:plain

ということで、ものの数分で登録が完了します。
あとはレジ等の支払い時に「iDで」と言えばOKです。

使った額面は携帯料金の支払いと合算されるので、くれぐれも使いすぎないようには注意しましょう。

Pixel3/Pixel3XLの強制再起動

 Pixel3XLにAndroid Qをインストールした後、たまに電源は入っているにもかかわらず画面が映らなくなるようになりました。

インストール方法は下記。

yrik.hatenablog.com

最初は文鎮化した(全く動かなくなる)かと思い焦りました…。
しばらくの間充電しても改善せず。ということで強制再起動を行いました。

f:id:yrik:20190503234110j:plain

電源ボタンをひたすら長押ししましょう。
これで再起動します。これで無事画面が点灯しました。

続きを読む

Android QをPixel3にインストールする方法

最新のAndroid、Android Qのベータ版が配信開始されました。
すでにPixel等の端末にインストールすることができます。

職業柄デバッグもかねて早速インストールしてみました。 

AndroidQは「Android10.0」にあたります。大して「Androidのバージョン9」は「Android P(Pie)」……うーん、紛らわしい。

それではインストールの方法を。

【注意】ベータ版のAndroidではすでにインストールしているアプリが動かなくなる可能性があります。また、元のOSに戻した場合、端末内のデータは消去されます。必ずバックアップやゲームアカウント等有る場合は保存してから人柱を行いましょう。

ベータプログラムへの参加

今まで最新OSのベータ版を試すためにはファクトリーイメージをダウンロードしパソコンに繋いで……といった手間がありましたが、最近のAndroidはベータプログラムに参加することでOTA(無線経由)でのインストールができます。とても手軽になりました。

Pixelに紐付けているAndroidアカウントでログインしたGoogle Chromeからベータプログラムへアクセスしましょう。

www.google.com

Android Beta Programプレビュー

この画面から端末を選び、βプログラムに参加すればOK。

 

 

OTAアップデート

あとはいつもと同じ要領でアップデートを行えば、最新のAndroid(のテスト版)が利用できます。

設定画面を開き、システムをタップ。

Pixel3XL設定画面

システム内の「システムアップデート」を選びましょう。
スクリーンショットはすでにQに更新後のものです。

Pixel3XLシステム画面

これでアップデート画面からAndroid Qがインストールできます……が、容量が1500MBほどありますので、Wi-Fi等の環境で必ず進めるようにしましょう。

元のOSに戻すには?

ベータプログラムのページを開き「登録を解除」すると、安定したバージョンのAndroid(Pie)に戻すことができます。

前述のとおり、この際、スマホ内のデータは初期化されるので注意しましょう!

ベータプログラム紐付け解除

 

続きを読む